適したところを利用|バーチャルオフィスとレンタルオフィスの魅力

>トピックス>バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いを知ろう

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いを知ろう

オフィス

違いを知ろう

すぐに起業できることで人気を集めているバーチャルオフィスとレンタルオフィスには違いがあります。バーチャルオフィスの場合、住所や電話番号などを借りることができるものであり、仕事場は自宅でも好きなところで行うことが可能です。郵便物が届いたり、電話がかかったりしてきた際には自宅の住所、電話に転送してもらえるので便利と言えるでしょう。また、レンタルオフィスは既にオフィス用品が揃えられている状態になっています。デスクも椅子も揃っており、回線を引けばすぐにパソコンも電話も繋げることができるので、すぐに仕事に取り掛かることができます。また、初期費用も安いので起業したてな人には嬉しい場所だと言えます。

男女

注意点もある

便利なバーチャルオフィスやレンタルオフィスにはメリットだけではなく、デメリットもあるので注意が必要です。例えば、バーチャルオフィスの場合は公的証明書の許認可が下りにくい他、住所を調べられるとすぐにバーチャルオフィスだと判明します。企業取引をする際など、信頼性に欠けてしまうことがあるので注意が必要だと言えるでしょう。また、レンタルオフィスの場合はオプションなどを利用することで初期費用は抑えられても後に高くなってしまうこともあります。その他にも、制約事項が多いところなどもあるので事前にしっかりと確認しておくことが大切だと言えます。それぞれのメリット・デメリットを知って適したところを選択すると良いでしょう。

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの共通するメリット

ウーマン
no.1

初期費用が抑えられる

何よりも嬉しい点が初期費用が抑えられるポイントとなっており、起業するにも多大な費用が必要になってきます。ですが、初期費用を抑えることができれば運用費用に回すことができるでしょう。

no.2

立地に優れている

レンタルオフィスは駅近くなどにあることが多く、またバーチャルオフィスも一等地に構えていることが多いので企業のブランディングに繋げていくことができるでしょう。

no.3

入居がスピーディー

事務所を設けるとなると一から準備をする必要がある他、回線を引く手続きなども必要になってくるので仕事をスタートするまでに多大な時間がかかるでしょう。しかし、バーチャルオフィスやレンタルオフィスであればすぐに仕事を始めることができます。

広告募集中